【男なら知っておきたい】ラブホテルの料金体系まとめ!休憩とフリータイムの違いは?

ラブホテル初心者はもちろん、何度も行っている人でも「難しい…」となりがちなラブホテルの料金体系。今回はそんなラブホテルの料金体系を、分かりやすく解説します。「休憩とフリータイムって何が違うの?」「延長料金の平均価格は?」「ラブホテルの料金体系の調べ方って?」などさまざまな疑問にお答えします。休憩、フリータイム、宿泊……さまざまなプランでラブホテルを楽しみたい男性は、必見です!

【男なら知っておきたい】ラブホテルの料金体系まとめ!休憩とフリータイムの違いは?
目次

意外と知らない?ラブホテルの料金体系!休憩とフリータイムの違いって?

(出典:Pixabay)

ラブホテルの料金体系というのは、意外と複雑。休憩、宿泊、フリータイムなどと時間で分かれているのはもちろん、曜日によって違ったり、大型休暇のときにも値段が異なることも多々あります。

また、部屋によっても料金体系が異なることもあり、ラブホテルの受付でワタワタしてしまったことのある方も多いかと思います。

そんな複雑なラブホテルの料金体系をしっかりと理解している男性というのは、女性からしても頼りがいがあるもの。

料金体系表を見てすぐに理解し、スマートに彼女をエスコートしたいですよね。

とはいえラブホテル初心者さんだけではなく、何度も行っている人でも迷いがちな料金体系。そこで今回は、そんなラブホテルの料金体系を徹底解説!

「そもそもラブホテルの料金体系って、1人あたりの額なの?」「部屋によって料金体系って違うの?」といった基本的な疑問から、平均価格や「休憩」と「フリータイム」「宿泊」の違いなどを分かりやすくお伝えしますので、ラブホテルに行く前にはチェックしてみてくださいね。

【ラブホテル料金体系解説】ラブホテルの料金は、1人あたりの額?

ラブホテルの看板などに書かれている料金体系表を見て、「これは1人あたりの金額?」と悩んだ方も多いかもしれません。

ラブホテルの料金体系は、基本的に2名1室料金。料金体系表に「宿泊 〇〇〇〇円」と書いてあれば、書かれている額を支払えば大丈夫です。

これは、休憩、フリータイム、宿泊などどんなプランでも変わりません。

ちなみに、ラブホテルに1人で入る場合でも料金は同じのことが多いでしょう。なお、3名以上でラブホテルを利用する場合は割増料金が請求される場合もあります。料金体系表に書いていない場合は、問い合わせてみてください。

ただし、ラブホテルによっては2人でのみしか利用できない場所もあります。1人、もしくは3人以上で利用する場合は事前に問い合わせることをおすすめします。

【ラブホテル料金体系解説】ラブホテルの料金体系はどの部屋も同じ?

ラブホテルによっては全室一律料金を掲げているところもありますが、その旨が料金体系に書かれていなければ部屋ごとに違うと思っていいでしょう。

料金体系表には「1室 休憩(〇時間) 〇〇〇〇円~」などと書かれています。この場合、書かれている数字が最低料金。そこから数百~数千円ほど幅が出ます。

料金体系は、ラブホテルの部屋・設備ごとに異なります。特に凝ったお風呂のお部屋や、広いお部屋は料金体系が高くなる傾向にあります。また、カラオケ設備があるお部屋なども、少し割高になることも。

ラブホテルによっては値段を問わずお部屋によって、内装がガラリと変わっていることも多くあります。彼女に「どの部屋がいい?」と聞いてみるのもおすすめです。

【ラブホテル料金体系解説】ラブホテルの料金体系は、いつも同じ?

多くのラブホテルで採用している料金体系が「平日・休前日・休日」料金です。それぞれの日によって料金体系が異なることが多々ありますのでご注意を。

ラブホテルによって、「休前日」と「休日」の料金が違うことも同じなこともあります。

以下におおまかな曜日の定義例をまとめましたので、ラブホテルに行こうとしている日がどれに当たるかをチェックしてみてくださいね。

なお、ラブホテルによって曜日の定義は異なります。また、ラブホテルによっては全日一律の料金体系を設定しているところもあります。

【ラブホテルの曜日の定義(例)】

  • 平日…月・火・水・木曜日
  • 休前日…金・土曜日・祝日の前の日
  • 休日…日・祝日/お盆時期・年末年始・ゴールデンウイーク・シルバーウィークなどの長期休暇時期

【ラブホテル料金体系解説】休憩・フリータイム・宿泊etcの違いは?

ラブホテルの料金体系表によく出てくるフレーズといえば、「休憩」や「フリータイム」「宿泊」などですよね。

なんとなく「休憩」と「宿泊」のイメージはできても、「フリータイム」とは?と悩んでしまう方も多いかと思います。

また、最近は「フレックスタイム制」や「深夜休憩」など、さまざまな料金体系を展開するラブホテルも増えてきています。

よくわからないままラブホテルに入って、あとから「?」とならないためにも、最初にチェックしておきましょう。

【ラブホテル料金体系解説】休憩とは?

ラブホテルでよく聞く「休憩」というのは、ラブホテル側があらかじめ決めた「基本時間」のこと。基本時間はラブホテルによって異なりますが2~3時間程度が多いよう。

休憩で定められた基本時間を超えると、延長料金をプラスするラブホテルも多いので予算内に収めたいときには要注意

逆に早めにラブホテルを出てしまっても、料金は割引にはなりません。

ラブホテルの室内には時計がないところも多いので、あらかじめスマートフォンのアラームをセットしておくなど気を付けるのがおすすめです。

また、ラブホテルによっては休憩時間が深夜にかかると「休憩」から「宿泊」に自動的に切り替わるところも。料金体系表に書かれていますので、夜遅くラブホテルに入る時には、料金体系表をチェックしてから入るようにしましょう。

【ラブホテル料金体系解説】宿泊とは?

続いてご紹介する料金体系は、「宿泊」。読んで字のごとく、一晩泊まれるプランです。ラブホテルによって、「夜〇時~朝〇時まで」と設定されていることが多いです。

時間としては、夜は18~20時頃から・朝は10~12時ごろまでのラブホテルが一般的。ただし、休前日・休日の場合はチェックイン時間が遅く、21~22時頃に設定されていることもあるので注意です。

基本的に夜遅く入ったり朝早く出ても金額は変わりませんが、「ミッドナイトプラン」など深夜遅くにチェックインすると割引をしてくれるラブホテルもあります。

なお、宿泊時間前にチェックインをしてしまうと「前延長料金」が、宿泊時間後まで滞在してしまうと「延長料金」がプラスされますので、料金体系表とともに時間はしっかりとチェックしておきましょう。

【ラブホテル料金体系解説】フリータイムとは?

ラブホテルの看板や料金体系表などでもよく目にする、「フリータイム」。ラブホテルによっては「サービスタイム」などと呼ばれることもあります。

カラオケなどでもよく聞く「フリータイム」ですが、こちらは決まった時間内であれば、料金は固定。延長料金不要という料金体系のことです。

長いところだと6~12時間いられる場所もあるので、のんびりとテレビを見たりお昼寝したりして過ごすカップルも。ただし、1時間で出てもフリータイム時間内ずっといても料金は一律なので、あまり早くラブホテルを出過ぎると割高になってしまうこともあります。

こちらのフリータイムは平日昼間に設定されていることが多い料金体系です。ラブホテルによっては土日や休日でも行っていることもあるので、よりお得にのんびりとラブホテルで過ごしたい!と思う方はチェックしてみてください。

【ラブホテル料金体系解説】フレックスタイム制とは?

フレックスタイム制の料金体系を取り入れているラブホテルも、だんだんと増えてきています。フレックスタイム制のラブホテルは、〇時間〇〇〇〇円、と時間帯に限らず料金が一律なのが特徴。

どんな時間帯でも割増料金が無く時間ごとで料金が決まるので、予算も立てやすく安心です。

ただし、一律といっても平日と土日で料金体系が異なる場合もあるので要注意。また、ラブホテルによっては昼間だけしかフレックスタイム制を利用できないところもあります。

【ラブホテル料金体系解説】深夜休憩・24時間休憩

一般的には「宿泊」になりがちな深夜の利用でも、短時間であれば休憩料金で利用できるという料金体系です。

時間はおおよそ2~3時間と通常の休憩と同等であることが多いです。もちろん宿泊よりもリーズナブルなので、お財布に優しいのもうれしいところ。

この料金体系を採用しているラブホテルなら、深夜でもお得に時間を過ごせますよ。終電を逃した後、始発まで少しの間のんびりしたい、というときにも使えて便利です。

【ラブホテル料金体系解説】休憩・フリータイム・宿泊etcの料金相場は?

ラブホテルの料金体系が分かったところで、続いてはそれぞれの料金体系の平均価格をご紹介します。だいたいの平均価格が頭に入っていれば、安いラブホテル・高いラブホテルもすぐに見分けることができます。

また、状況・時間によって「どのプランがお得なのか?」というのもすぐにわかるので、デートの時には事前にチェックしてみてください。

【ラブホテル料金体系解説】休憩の平均料金は?

ラブホテルの休憩の平均料金は、1時間あたりで換算すると1500~2000円ぐらいが多く見られます。2時間であれば3000~4000円、3時間であれば4500~6000円が平均です。

平日の昼間であればさらに安く、3時間4000円前後で楽しめることも。逆に休日の前の日や大型連休では1000~2000円がプラスされます。料金体系表に明記してあるので、確認してからラブホテルに入るようにしましょう。

なお、24時間休憩・深夜休憩も平均料金は同じぐらいです。

【ラブホテル料金体系解説】宿泊の平均料金は?

ラブホテルの宿泊の平均料金は、まさに千差万別。安いところだと5000円以下で泊まれるところもありますが、相場としては6000円~10000円ほどが多いでしょう。

休憩の時と同様、休日前・休日は料金が1~2割プラスされることもあるので料金体系表をしっかりチェックしてください。

高級感のあるラブホテルでは、16000~18000円という宿泊の料金体系を採用していることも。特別な夜を過ごしたいときには、そういったリッチな料金体系のラブホテルに行ってみるのもいいですね。

【ラブホテル料金体系解説】フリータイムの平均料金は?

コスパの良いフリータイムの平均料金は、12時間で5000~8000円ほどです。1回に払う額は休憩より高くなりますが、1時間ごとの料金を考えるとかなりお得。

ただし、1時間で出ても12時間いても金額が変わらないので場合によっては休憩のあるラブホテルをセレクトしたほうがお得になることもあります。

長くラブホテルでの時間を過ごしたいと考えるカップルには、おすすめの料金体系と言えることでしょう。

ラブホテルによっては、カラオケやDVDなどが完備されているところもあるのでリーズナブルなデートをしたいという方からも人気です。

【ラブホテル料金体系解説】フレックスタイム制の平均料金は?

ラブホテルのフレックスタイム制の平均料金は、2時間3000~5000円ほど。長くいればいるほど1時間当たりの単価は安くなることが多く、12時間で6000~15000円ほどになることも。

時間帯によりますが、お得になることが多くある料金体系と言えることでしょう。あらかじめ滞在できる時間が決まっている時や、安心してラブホテルを利用したいという方にはおすすめの料金体系です。

【ラブホテル料金体系解説】延長料金はどのくらい?

ラブホテルでの休憩や宿泊などの時に気になるのは、延長料金。なるべく時間内に収めようと思っても、うっかりと時間が過ぎてしまうこともありますよね。

延長料金の平均金額は、30分で1000~1500円程度。ラブホテルを退出するときに支払うことになります。

ラブホテルによっては、10~15分単位で延長料金を設定しているところや、1時間単位で設定しているところもあります。

ラブホテルの料金体系表に記載されていますので、よく確認してから入室しましょう。

あらかじめラブホテルの料金体系を知っておきたいときは?

ラブホテルの料金体系表の見方や、相場をお届けしました。ある程度料金体系の仕組みや平均金額が分かれば、安心してデートに臨めますよね。

とはいえ、「具体的に行きたいラブホテルがどんんな料金体系を設定しているかがわからなくて…」という方も多いことでしょう。

デートの際中、ラブホテルの料金体系をワタワタと見ている姿を彼女に見せたくない!という方は、あらかじめ行く予定のラブホテルの料金体系をチェックしておくのがおすすめ。

なお、休前日・休日のラブホテルは混んでいることも多いので、いくつか候補を持っておくと安心です。

ラブホテルの料金体系を知っておきたいとき①公式ホームページをチェックしておく

特にチェーンのラブホテルであれば、公式ホームページを持っていることも多々あります。料金体系はもちろん、お部屋の雰囲気やアメニティなどの情報を得ることもできるのでチェックしておくと安心ですね。

地図やアクセス方法なども載っているので、土地勘のないところでラブホテルに行こうと思っている時にも役立ちます。

ラブホテルの料金体系を知っておきたいとき②ラブホテルの情報サイトを見る

ラブホテルに行こうと思っているけれど、まだどのラブホテルか決めていないというときには地域ごと・料金体系ごとなどにラブホテルの情報をまとめているサイトを見るのがおすすめです。

おすすめのポイントや口コミ情報なども見ることができるので、彼女が満足してくれるラブホテルを快適に探すことができますよ。

ただし、サイトによっては料金体系などの情報が古いものもあります。チェックした後は、公式サイトでさらに確認をすると安心です。

ラブホテルの料金体系を知っておきたいとき③ラブホテルに直接問い合わせる

公式サイトや情報サイトなどでラブホテルの料金体系をチェックしても、分からないことがあるときには直接ラブホテルに問い合わせをするのも手です。場合によっては混雑状況なども教えてもらえることもあるので、安心してデートに望めますよ。

ラブホテルによりますが、予約を受け付けてくれるところもあるので、クリスマスやバレンタインなどのイベント時期のラブホテル利用を考えているときにも役立ちます。

電話だけではなく、SNSなどで問い合わせができるラブホテルもあるので、デートの際中にささっと確認することもできることもありますよ。

ラブホテルの料金体系を理解して、彼女と楽しい休憩&宿泊&フリータイムを!

(出典:Pixabay)

複雑なラブホテルの料金体系を、平均料金などとともにご紹介しました。休憩・フリータイムの違いは、分かりましたでしょうか?

リーズナブルな料金体系のラブホテルでも、リッチな料金体系のラブホテルでも、女性との素敵な時間というのは作れるもの。

休憩・フリータイム・宿泊を問わず、予算にぴったりのラブホテルをチョイスして、彼女との素敵な時間をお楽しみください!

おすすめ記事はこちら!

ラブホテルカテゴリの最新記事