ツイッターで話題のラブホテルあるあるまとめ!爆笑&悲劇エピソードも!

カップルにとってレジャースポットともいえるのが「ラブホテル」。2人きりの濃密な時間が過ごせる場所でもありますが、ハプニングや失敗もつきもの。今回はそんな「ラブホテルあるある」を、ツイッターで話題のものを中心にお届けします。「初心者編」「笑える編」「悲劇編」の3パターンからご紹介しますので、ぜひご覧ください。ツイッターで実際に「あるある」になった人のコメントも一緒にお届けしています。

ツイッターで話題のラブホテルあるあるまとめ!爆笑&悲劇エピソードも!

やっぱり気になるみんなの「ラブホテルあるある」!ツイッターで話題のあるあるネタとは?

(出典:Pixabay

カップルの聖地でもあるラブホテル。ラブホテルは基本的に密室で2人だけの空間なので、隣の部屋で何が行われているかが分かりませんよね。

でもやはり気になるのが周りのラブホテル事情ではないでしょうか。

そこで今回は気になる「ラブホテルあるある」話を、ツイッターからご紹介。「うちだけじゃなかったんだ!」という安心や「こんなことあるの?」といった驚きをお楽しみください。

こちらの記事ではツイッターなどで話題の「ラブホテルあるある」を、「初心者編」「笑える編」「悲劇編」に分けてお届けします。ぜひご覧ください!

ツイッターで話題のラブホテルあるある【初心者編】

(出典:Pixabay

誰もが最初はラブホテル初心者。スマートに彼女をエスコートしたいものですが、初心者だとラブホテルの仕組みや設備の使い方が分からずワタワタしてしまうかもしれません。

ツイッターでもそんな初心者の「ラブホテルあるある」が多数投稿されていますよ。ラブホテル上級者さんは初心者だったころを思い出しながら、ラブホテル初心者さんは今後の参考にしながら、ツイッターの「ラブホテルあるある」をお楽しみください。

①ラブホテルの料金体系が分からない

まずご紹介する「ラブホテルあるある」は、ラブホテルの料金体系が分からない!というもの。ツイッターなどでもよく「難しすぎる」「勘違いしていた」などという投稿があります。上手にラブホテルでエスコートをするためには、事前に料金体系を知っておくのがポイント。公式サイトを見ておけばより安心です!

▼こちらの記事もおすすめ!

【男なら知っておきたい】ラブホテルの料金体系まとめ!休憩とフリータイムの違いは?

②はしゃぎすぎて時間を忘れてしまう

続いてご紹介する「ラブホテルあるある」は、はしゃぎすぎて時間を忘れてしまうもの。近頃のラブホテルはさまざまな設備やサービスがあり、あれこれ試しているとうっかり時間を超えてしまうことも。これは初心者さんだけではなく初めて行くラブホテルでも「あるある」かもしれません。

ちなみにラブホテルの多くでは所定の時間を超えると超過料金を取られることもあるので、注意が必要です!ツイッターでもたまに「超過料金を取られてしまった…」というあるあるネタが投稿されています。

下のツイッターの投稿のように、ラブホテル初心者さんは長めの休憩プランや宿泊プランで行くと安心ですね。

③設備の使い方が分からない

いろいろな設備があるのでテンションが上がるラブホテル。特にお風呂は家庭にはなかなかない機能がついていてテンションが上がるものです。そんなお風呂での「ラブホテルあるある」は、お風呂の温度を間違えてしまうこと。ツイッターでもそんな「あるあるネタ」が投稿されています。

ツイッターではほかにもエアシューターなど設備の使い方が分からない!というようなあるある投稿もあります。

ツイッターで話題のラブホテルあるある【笑える編】

(出典:Pixabay

続いてご紹介するツイッターで話題の「ラブホテルあるある」は、笑えるあるある編。思わず誰かに話したくなるような爆笑体験は、ツイッターでもよく見かけますよ。

①照明を消すのに戸惑う

実はラブホテルの照明の仕組みというのは意外と複雑。段階を踏んで暗くなるものも多いので、初めてのラブホテルなどでは戸惑ってしまいがちです。こちらのツイッターのようにお部屋の明かりを消すつもりが、洗面所の電気がついてしまうなんていうことも「あるある」なんです。

また、場合によっては有線など音楽が流れてしまうことも。ラブホテルでは1つのパネルにさまざまなボタンがついていることが多いので、こういった「あるある」は良く起きるようです。

②ラブホテルに慣れているふりをする

特に男性は、ラブホテルに不慣れなことを彼女に知られたくない傾向にあるようです。ツイッターなどでもよく「慣れているように見せる方法はありますか?」などという質問が出ていることも。スマートに部屋選びをしているように見せるのは男性の「あるある」のようです。

逆に女性はラブホテルに慣れていないように見せるのが「あるある」なのだそうです。

③知り合いと会うと気まずい

ラブホテル街やラブホテルのロビーなどで知り合いに会うと、非常に気まずいもの。反射的に目をそらしてしまうというのも「あるある」ですね。ツイッターにもそんな「あるある」エピソードは、数多く投稿されています。

ラブホテルカテゴリの最新記事